SK

2014年1月 7日 (火)

Happy new year!

 SK

2013年12月17日 (火)

12月句会

 柊馬先生のご指導で、句の成り立ちの中の象徴語というものが、やっと分かり
 かけてきました。そこから如何に自分自身を表出できるかが問われそうです。

    電波の死角に岸信介が立っている  SK

2013年11月28日 (木)

11月句会

この度、願いに応えてくださって、例句を交え分かりやすく解説してくださった
 ことを感謝しています。思考のなかでかなり附いていけたなぁと感じております。
 次回のお話も楽しみです!

     便座カバーに盗聴のかさぶた   SK

2013年10月22日 (火)

10月句会

 何かと何かであるものから、象徴語は共感性を呼ぶ、自分自身の心で作ること。
柊馬先生の最初のこの言葉から私は分からなくなってしまいました。ここで言う
象徴語とはどういうことでしょうか?例えば、一句でもいいので、例句を出して
欲しいと思いました。

意味性から離れた句を書く人が出て来ている。俳句も同じ・・・ここでも意味性
から離れている例句を一句でも揚げて欲しいと思った次第です。

このように、例句を挟んで頂くと、私のような鈍い者でも、はっと気付くかも知れません。

   投げやりの目次へからす揚羽かな    SK

その他のカテゴリー