« 自粛の三ケ月 | トップページ | 危険な夏 »

2020年7月29日 (水)

魅力の魅

疑いもせず、いつもの如く「追いてゆく」と句箋にしたためた。

後日、辞書にはない書き方なのでルビをふりましょうか、とお尋ねがあり

追(つ)いてゆくとルビを振って貰うことになった。

自分の間違い思い違いに長い間気づかなかったことに驚く。

正式なついてゆくの表記が気になり、調べてみた。

 

付いて行く 附いていく 随いて行く 跟いて行く などがあり、
「追」を“つい”と読むのは音読み、熟語(追加、追跡等)に使う方が適切。との

意見もあった。

 

同じように辞書になく、間違えた使い方をしていたのが、魅(ひ)かれる。

引かれる、或いは惹かれるが正確な表記だと知ったが、私は「魅かれる」の持つ

魅せられる魅了されるという雰囲気が好きだったのかもしれない。

近頃では、このような誤用が広がって、一般化してゆくケースもあるらしい。

 

川柳では遊びとしてこれぐらいは許されるかな、と暫く検索を楽しんだ。

 

 

« 自粛の三ケ月 | トップページ | 危険な夏 »

真理子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自粛の三ケ月 | トップページ | 危険な夏 »