« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月15日 (金)

アクリルのむこう

自粛生活が長引くほどに、ほんとうにしたいことが絞られてきた。
緊急事態宣言が解除されたら、まず行きたいのは図書館、本屋さん。
読みたいだけなら、ネット通販で買えばすむ。
書架の本に囲まれるだけで、気持ちが落ち着く。
背表紙に惹かれ、手にとって、一冊と出会う……。
人付き合いの下手な私なりの、人とのつながり方だったのだと思う。
それから、次はパン屋さん。
徒歩圏内には好みのパン屋さんがなくて、おいしいパンではじまる朝が恋しい。
私にとっての不要不急は、本とパンだった。

川柳?
時間も空間もぽかんとあいて、ことばが遠くなっている。
遠巻きにしたことばから、あたらしい発見があればいいのだけれど……。
透明なさやの中の豆のように、まわりを見つめ直している。

  どちらからともなくうたう雨と豆  桐子

 

2020年5月 4日 (月)

苺。

こんな時代になるとは夢にも思わなかった。

いつもの暮らしをうまく思い出せない。

 

日ごとに濃くなり世界を蝕む影のない影。

顔半分隠すマスクは、自らを社会を守る白い防護壁。

誰とも触れ合わぬよう身を縮め、買い物の列に並ぶ。

そして五月になった。

 

ベランダの鉢植えの苺がふくらんできた。

白い実が赤く色づいてゆく不思議。

ちいさな発見をちいさな喜びとして、静かにこの嵐の

過ぎ去るのを待とう。

 

 

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »