« ことば | トップページ | 苺。 »

2020年4月23日 (木)

三密を避けて・・

家に籠りっぱなしの毎日。

晩柑の皮でママレードを作った。

熱湯を注いでいただくと甘くほろ苦く中々美味しい。

 

昨日は流しの下の整理をした。大きな擂鉢、山椒の擂り粉木。

私の腕ではとても振り回せぬ中華鍋や、寿司桶が出てきた。

大家族の頃は大いに活躍の場があったであろうに・・・

 

中々整頓に気が乗らぬ小引き出しの小物にも呼ばれている。

トキメクものとそうでないものと区別を・・・

そうはいっても、そう簡単には棄てられませぬ。

暫し、想い出に耽ってしまった。

 

運動不足になり勝ちの昨今、ゆっくり路地を歩く。

よそのお庭の八重桜がぽったりとほほ笑み、花菖蒲も頚をやや傾け

明日辺りは咲こうかという気配。山吹の黄は、例年通りけたたましい。

近くの公園ではハナミズキの白が、襟を正して出迎えてくれる。

 

短い散歩だったが四季の花々の律儀さに頭の下がる思いを抱いた。

 

 

« ことば | トップページ | 苺。 »

彰子」カテゴリの記事

コメント

誰もが同じような 生活をして 思いをして頑張っている

1日も早く 収束に向かってほしいですね。

誰もが同じような 生活をして 思いをして頑張っている

1日も早く 収束に向かってほしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ことば | トップページ | 苺。 »