« 馬酔木 | トップページ | 三密を避けて・・ »

2020年3月 3日 (火)

ことば

昨年から、歌人の牛隆祐さん、詩人の櫻井周太さんと、「フクロウ会議」というユニットで活動している。
昨夏に「蕪のなかの夜に」という本を出し、先月ことばとアートのイベント「アルデバランを踏まないように」を開催をした。
森をイメージした展示。朗読、歌会、トーク、ダンスパフォーマンス(漂流詩)…ことばをたのしんだ4日間だった。

Img_2179
私は、ハーバリウム にヒントを得て、試験管に川柳を浮かべて木に吊り下げた。ことばの木だ。水に浮かんだ文字は、果実のシミやタネのようでもあり、葉脈のようでもあり、気配で何かを伝えていた。すれば、葉脈も、タネも、果実も、読めるのではないか?

 

 

 

 

コロナウィルスの感染拡大で、なるべく家でおとなしくしているように言われている。句会も中止だ。今日は、家のなかのものを読んでみよう。そういえば、昨日おじいちゃんがくれた人参。…なにやらもの言いたげである。Img_2187

 

 

« 馬酔木 | トップページ | 三密を避けて・・ »

桐子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 馬酔木 | トップページ | 三密を避けて・・ »